STELVIO 2.2 TURBO DIESEL Q4
Photo : STELVIO 2.2 TURBO DIESEL Q4

胸のすく爽快な走りを極めた
疾走のディーゼルエンジン搭載SUV

STELVIO 2.2 TURBO
DIESEL Q4

全国メーカー希望小売価格

6,350,000

(税抜価格 5,772,727円)

最高出力

154kW(210PS)

/3,500rpm[ECE]

仕様・価格
※写真はイメージです。

エンジン

自動車史上初。乗用車のディーゼルエンジンに
独自の燃料噴射技術・コモンレールシステムを採用したアルファ ロメオ。
先駆者の誇りと威信をかけ誕生させたのが、このエンジンである。
その排気量に対して極めて高いトルクと、
リッターあたり100PSに迫る猛烈なパワーを低回転域で発生。
圧倒的な躍動感と加速時の爽快感は、まさに空前絶後。
官能のパフォーマンスが、ディーゼルモデルの常識を激変させる。

※写真はイメージです。

エンジン:テクノロジー

革新的テクノロジーを投入し、日本の環境規制に適合。
高い剛性や低NVH(騒音・振動・ハーシュネス)も実現する。

  1. ① クランクケース:重量を最小限に抑え、剛性を最適化。
  2. ② バランスシャフト:大幅な振動の低減を実現。
  3. ③ ターボチャージャー:最適なレスポンスと排気圧コントロールを実現。
  4. ④⑤ EGR(排気ガス再循環装置):燃料消費とNOx(窒素酸化物)の排出を軽減。
  5. ⑥ ATS(排出ガス後処理装置):排出ガスに含まれるCO(一酸化炭素)、HC(炭化水素)、
    NOx(窒素酸化物)を軽減。排ガス処理装置の一部にAdBlue®を使用しています。
※写真はイメージです。

燃料消費率

乗るほどに実感する低燃費

燃料消費率*1[WLTCモード*2
16.0km/L
[市街地モード*3
12.1km/L
[郊外モード*4
16.4km/L
[高速道路モード*5
18.3km/L
  1. *1 燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。実際の走行時には、気象、道路、車両、運転、
    整備などの条件が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。
  2. *2 WLTCモード:市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モード。
  3. *3 市街地モード:信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定。
  4. *4 郊外モード:信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定。
  5. *5 高速道路モード:高速道路等での走行を想定。
Q4 All WheelDrive System
※写真はガソリンエンジン車のドライブトレインのイメージです。

ドライブ トレイン

Alfa Romeo Q4 電子制御式4輪駆動システムは、常に路面状況を監視し、
前後アクスル間でトルクを最適に配分。普段の路面状況ではトルクを100%
リアアクスルに送り、RWDのような走りを叶える。そして必要な場面では、
最大50%のトルクをフロントアクスルに送り、究極のレスポンスと安定性を発揮する。

Optimal weight Distribution
※写真はイメージです。

重量バランス

ステルヴィオは、優れた動力性能を重視した設計により、理想的な50:50の前後重量配分を達成。
その結果、大型のボディサイズにもかかわらず、高い旋回性能や制動時の姿勢など、
この上ないドライビングプレジャーを堪能できる。

ALFA™ D.N.A.
※写真はイメージです。

ドライブモード

ALFA™ DNA ドライブモードシステムは、クルマの反応を自在に変化させ、
ドライビングスタイルや走行状況、路面状況に合わせて走りをカスタマイズする。
つまり、選べる3種類のドライブモードによって、
クルマの運動性能をガラリと変化させる。

exterior

エクステリア

SUVの中でも群を抜いてスポーティなそのフォルムは、
ステアリングを握る前からドライバーの胸を高鳴らせる。
フロントフェイスは、アルファ ロメオの象徴・トライローブ(三つ葉)を
犠牲にすることなくトップクラスのCd値を実現。
しなやかなサイドのラインは、今にも走り出しそうな躍動感を醸し出す。

  • LED デイタイムランニングライト
    LED デイタイムランニングライト

    対向車や歩行者などへの視認性を向上させる。

  • 5スポークアルミホイール+235/60R18ランフラットタイヤ
    5スポークアルミホイール+235/60R18ランフラットタイヤ

    アクティブなイメージを高める5ツインスポークのホイールを標準装備。

  • LEDテールランプ
    LEDテールランプ

    テールランプに安全性と視認性の高いLEDを採用。

interior

インテリア

細部にまでこだわったキャビンデザインは、クルマを知り尽くした
ドライバーに高揚感をもたらす。広々とした室内は、アルミニウム、
レザーやファブリックなど厳選された素材と、イタリアンスタイルを
生み出す職人の技によって丹念に仕上げられている。

comfort
※写真はSTELVIO 2.0 TURBO Q4 LUXURY PACKAGE(欧州仕様車)です。

コンフォート

ステルヴィオがもたらす心地よさは、走りだけによってもたらされるのではない。
室内に配された快適装備の数々は、まるでドライバーとクルマが目に見えない
一本の糸で結ばれているかのように、すべての操作系統や情報をたやすく
操ることができるように造り込まれているのだ。

  • デュアルゾーン式フルオートエアコン
    デュアルゾーン式フルオートエアコン

    きめ細かい温度調整を可能にするエアコン(自動内気循環制御、ダストポーレンフィルター付)を採用。

  • キーレススタートシステム
    キーレススタートシステム

    ステアリングのボタンを押すだけで手軽にエンジンの始動・停止ができる。

  • 6ウェイパワーシート
    6ウェイパワーシート

    6つのバリエーションでシートをお好みのドライビングポジションに調整できる。

  • パッシブエントリー/リモートキーレスエントリー(アンサーバック機能付き)
    パッシブエントリー/リモートキーレスエントリー(アンサーバック機能付き)

    専用キーを持ってクルマに近づくとドアやトランクが自動的に解錠。クルマから離れると自動的に施錠されるパッシブエントリー。また、キー操作をすることなく、離れたところからドアロックをリモコンで施錠・解錠するリモートキーレスエントリーも標準装備。

  • エレクトリックパーキングブレーキ
    エレクトリックパーキングブレーキ

    パーキングブレーキをスイッチひとつで作動・解除できる電動パーキングブレーキ。

luggagespace
※写真はイメージです。
日本仕様と一部異なる場合があります。

ラゲッジスペース

ステルヴィオは、充実した収納機能も魅力のひとつ。
ラゲッジルームは、525リットルもの積載容量を実現。
また、リアゲート側から倒すことができる4:2:4分割可倒式リアシートを採用。
リアシートを倒すことにより、大容量のラゲッジスペースを実現。
便利さと利用価値の高さが、さらに拡大する。

Power tail gate
※写真はイメージです。
日本仕様と一部異なる場合があります。

パワーテールゲート

ステルヴィオには、手動はもちろん、運転席からのスイッチ操作でも
バックドアを自動開閉するパワーテールゲートを搭載。
両手がふさがっている時でも簡単に荷物の出し入れができる。

infotainment

インフォテインメント
システム

ステルヴィオはApple CarPlay*1とAndroid Auto*2に対応。
音声入力などの簡単な操作で電話やメール、音楽のストーリミング、
ルート検索、ガソリンスタンドや駐車場、レストランなどの検索も
できるなど、あらゆるシーンで、便利さと快適さをもたらしてくれる。

*1 Apple CarPlay、iPodおよびiPhoneは、米国およびその他の国で登録された Apple Inc. の商標です。
*2 Android および Android Auto は、Google Inc. の商標です。
※スマートフォン接続に関する画像は全てSTELVIO 2.0 TURBO Q4 LUXURY PACKAGEの車内を撮影したものです。

safety
※写真はイメージです。

セーフティ

ステルヴィオは、アルファ ロメオ史上最高レベルのアクティブセーフティシステムを採用。
リニアなドライビングを可能にするだけでなく、リスクを低減し、
危険を避けるための様々なアシスト装備を搭載している。

  • 統合型ブレーキシステム
    インテグレーテッドブレーキシステム(IBS)

    ブレーキペダルからの踏力を的確な制動力に変え、ABS作動時のブレーキペダルの振動も排除。100〜0km/hの制動距離をわずか39m(欧州仕様参考値)にまで抑える。

  • レーンデパーチャーウォーニング、車線逸脱警報
    レーンデパーチャーワーニング(LDW)*1

    クルマが意図せず、または方向指示器を使わずに車線を逸脱すると、警告音と画面表示で注意を促す。

  • 自動緊急ブレーキ機能付前面衝突警報、歩行者検知機能付
    フォワードコリジョンワーニング(FCW)*2

    警告音などで前方衝突のリスクをドライバーに伝え、65km/h以下や市街地走行の際、クルマの進行方向にいる歩行者も検知。とっさに反応できない場合は自動緊急ブレーキを作動させる。

  • ブラインドスポットモニター
    ブラインドスポットモニター(BSM)*3

    車両左右後方の死角を常に監視。危険な状況と判断するとサイドミラーに警告灯が表示され、ドライバーに注意喚起を促す。
    ※車線変更前には必ず周りの車両を目視で確認してください。

  • リアクロスパスディテクション
    リアクロスパスディテクション(RCPD)

    バック時に、後方エリアを監視する機能。他車が横方向から35km/h以下で接近すると警告音を発する。

  • アダプティブクルーズコントロール ストップ&ゴー機能付
    アダプティブクルーズコントロール [ストップ&ゴー機能付き]*4

    クルマを設定速度に保ち、前方車両との距離を監視し安全な距離を保つ。

  • ヒルディセントコントロール
    ヒルディセントコントロール(HDC)

    急勾配の坂道を下る際にブレーキを自動的に作動させ、クルマを一定速度に保つ。

  • バイキセノンヘッドライト
    バイキセノンヘッドライト

    夜間の走行で広い視野を確保し、安全なドライブをサポートする。

  • 画面表示アラーム式フロント&リアパーキングセンサー / リアパーキングカメラ(ステアリング連動ガイドライン付)
    画面表示アラーム式フロント&リアパーキングセンサー / リアパーキングカメラ

    狭い駐車場への出入りや縦列駐車など車幅感覚の不安を軽減してくれるパーキングセンサーとカメラ。

*1 レーンデパーチャーワーニング(LDW)はドライバーの運転の代わりとなるものではありません。万一の際、衝突を回避できるようにドライバーは常に交通状況を把握し、いつでもブレーキを使用できる状態にしておいてください。
*2 フォワードコリジョンワーニング(FCW)[前面衝突警報、衝突被害軽減ブレーキ機能および歩行者検知機能付き]は車両の前方を警戒するだけのシステムで、車両の動作を制御し衝突を回避するための措置を講じる機能ではありません。ドライバーの積極的な操作の代わりとなるものでは決してありません。万一の際、衝突を回避できるようにドライバーは常に交通状況を把握し、いつでもブレーキを使用できる状態にしておいてください。
*3 車線変更前には必ず周りの車両を目視で確認してください。
*4 アダプティブクルーズコントロール (ACC/Adaptive Cruise Control) [ストップ&ゴー機能付き]の制御には限界があります。このシステムは衝突による被害軽減を目的とした機能で、自動で衝突を回避するものではありません。また道路状況や天候によっては作動しない場合があります。

※価格は、2019年11月21日現在の全国メーカー希望小売価格(消費税10%込)です。※掲載の全国メーカー希望小売価格は参考価格です。販売価格はアルファ ロメオ正規ディーラーが独自に設定していますので、各店にお問い合わせください。※税金(消費税を除く)、登録諸費用、保険料等は含まれておりません。 ※価格には、リサイクル料金は含まれておりません。別途必要となります。 ※価格には、オプション費用は含まれておりません。 (※掲載のオプション費用は、消費税(10%)を含む価格表示です。)※写真およびイラストは、実車とは異なる場合がございます。※価格・諸元・仕様ならびに装備は予告なく変更する場合がございますので、予めご了承ください。